2014年08月12日

マリンピア神戸へのご案内

マリンピア神戸への道案内です。

お盆期間中は混雑が予想されます。
オープンは10時ですが、9時半ぐらいには
駐車場は入れるはずです。
駐車場で開店を待ちましょう。
開店同時にわーっとお店の中に入る人たちも結構いて、
10時になるとお店の入口で待ってたりしています。

さてその道筋ですが。
まずは阪神高速に乗って、月見山までどうぞ。
湾岸線で住吉浜まで行って、そこから神戸線の摩耶から
乗って、月見山までどうぞ。
住吉浜→摩耶の乗り継ぎご案内

で、月見山からマリンピア神戸までの全体図です。
全体図.png

月見山の出口を出ると、いくつかのレーンがわかれますが、
「明石 垂水」方面のレーンに入ってください。
月見山出口 .png

2車線になりますので、中央寄りのレーンを走ると、
地下に潜るトンネルになりますのでくぐってください。
月見山トンネル.png

トンネルをくぐったら後は道なりです。
交差点は幾つもありますがとにかくまっすぐ。
途中の目印としては、左側に、オートバックスとか
出てきますが、スルーです。

3つのトンネルをくぐると名谷インターの出口になります。
そのまま真っすぐ行くと、T字路にぶつかります。
名谷町という交差点です。
実際は交差点ですが……。
そこを、左に曲がります。
そしてさらに真っ直ぐ南へ。
これまたまっすぐです。
しばらくすると2号線にぶつかります。
JRと山陽電鉄の高架をくぐると2号線の
交差点なりますが、
真ん中のレーンが、マリンピア神戸に行く
陸橋へと続きます。
この交差点は道が混んでいますので、
電車の高架をくぐる前から渋滞していますので、
早めに真ん中のレーンに入りましょう。
2号線.png

陸橋を超えたら、もう1つ小さい橋を超えます。
すると、マリンピア神戸の入り口です。
マリンピア.png

夏は、立体駐車場がお勧めです。車が暑くなりにくいし、
お店まで歩く距離が短いです。
ただしすぐにいっぱいになるので早めに行った方がいいでしょう。

さて。鉄人28号ですが。
まずは道のり。
新長田まで.png

マリンピア神戸を出るのには結構時間がかかります。
覚悟してください。
マリンピア神戸を出たら、大阪神戸方面へ。
2号線に出たら右に行けば、大阪神戸方面です。
2号線をひたすら走ります。
走っているうちに、須磨海浜水族園に着きます。
ここも駐車場が広いです。
結構停めれますが、それでも混んでいます。

鉄人28号は新長田にあります。
須磨海浜水族園を過ぎると、
高速道路の下を2号線が走っていますので、
その2号線を走ります。しばらくすると、
大橋4丁目という交差点が出ます。
左に曲がると、JRと地下鉄の新長田駅です。
お車だと、駐車するところがないので、
あえてここは右折します。
アスタ新長田くにづかの3番館の駐車場がいいです。
ケーズデンキとダイエーグルメシティの入っているビルです。
30分無料。以降50円追加です。

駐車場で車を止めたら、アスタ新長田の西側に出ると
アーケードのある商店街に出ます。その商店街をひたすら、北上。
新長田駅方面に行きます。2号線を超えて、更に先にある
アーケードを進むと、鉄人28号がお出迎えです。

ここでおすすめですが、新長田は、そばめしの発祥の地。
せっかくですから、遅いお昼、またはおやつ的に、
そば飯を食べてみませんか?

おこのみやき ゆき というお店のぼっかけ(すじ肉)が
おいしいので、すじのそば飯を食べてみてください。
(600円)おいしいと思います。お店は狭くてあんまり
キレイじゃないですが、そこは新長田ソウルを感じていただく
ということで。

お帰りは、2号線をひたすら東に進んで、そのまま三宮まで出て、
ください。そのまま東に進むと43号線に合流します。
43号線も混んでいますので、ちょっと脇道へ。
大石の交差点を右折してください。
川の左側に沿って道路を南へ。赤い橋が遠くに見えますので
直進してください。出光のガソリンスタンドが右向こうに見える
交差点を左に左折します。両端が植え込みになっている道路を東に
進み、植え込みが切れた初めての交差点を左折。
短い橋をわたって、右折すれば、コーナンproと、あのラ・ムーがあります!
ここで明日の朝パンとかおやつとか買ってウハウハしてください。

ラ・ムーを出たら、川沿いに東にひたすら走ると、
六甲アイランド 阪神高速 の看板が出てきます。
住吉浜のインターにつきますので、そこから湾岸線で
帰ると、渋滞知らずで帰れるでしょう。
交差点を右折するとすぐに陸橋に登ります。後はまっすぐ
進めば住吉浜の入り口です。

posted by FOX at 20:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする